H.M様(大阪府岸和田市)から喜びの声を頂きました。|障害年金サポート室

平日夜間・土日電話相談の大阪障害年金サポート室

大阪府貝塚市王子418番地
■南海本線 二色浜駅より徒歩13分 ■JR阪和線 和泉橋本駅より徒歩14分

まずは、無料相談!TEL072-600-0101【月〜金】16〜22時【土 日】9〜17時
社労士:下出 純治

お客様の声

H.M様 大阪府岸和田市

疾病名:うつ病
受 給:障害共済年金 2級 遡り
依 頼 日:平成27年2月6日 ⇒ 申 請 日:平成27年7月6日
支給決定日:平成28年1月8日 ⇒ 初回振込日:平成28年1月19日

元は公務員でしたが人事異動で他の機関に異動になりそこで度重なる嫌がらせを受け、うつ病を発症してしまいました。最後には追い詰められ、睡眠薬の大量服用という間違った選択もしてしまいました。命はとりとめましたが、このままでは同じ事を繰り返すという思いから、仕事を辞め実家に帰りました。 新たに仕事を探しましたが、いつも聞かれるのは「何故、公務員を辞めたのですか?」ということで、結局は仕事に就けない日々が続いていました。 そんな時、保険の仕事をしているいとこから障害年金の話を聞きました。さっそくインターネットで調べましたが、手続きが非常に困難である事がわかりました。私の場合、公務員時代の転勤も含め病院をかなり変更していたので、余計に困難でした。  同様にインターネットで手続きの代行を行ってくれる社会保険労務士の存在を知り、思い切って連絡を取りました。その時連絡したのが下出さんでした。当時実家で引きこもりになり、人と接するのが嫌になっていた私ですが、下出さんは障害年金の話などをていねいに話して下さり、私は「任せて大丈夫だ」という安堵感が持てました。  その後は、私は簡単な書類を書くなど、必要最小限度の事を行うだけで済み、困難な手続きは下出さんが行って下さいました。おかげで私は遡りの支給も受け取ることができました。  生きていくためには、病気から脱出しなければなりませんが、その一歩の手伝いをして頂いたと非常に感謝しております。元は公務員でしたが人事異動で他の機関に異動になりそこで度重なる嫌がらせを受け、うつ病を発症してしまいました。最後には追い詰められ、睡眠薬の大量服用という間違った選択もしてしまいました。命はとりとめましたが、このままでは同じ事を繰り返すという思いから、仕事を辞め実家に帰りました。 新たに仕事を探しましたが、いつも聞かれるのは「何故、公務員を辞めたのですか?」ということで、結局は仕事に就けない日々が続いていました。 そんな時、保険の仕事をしているいとこから障害年金の話を聞きました。さっそくインターネットで調べましたが、手続きが非常に困難である事がわかりました。私の場合、公務員時代の転勤も含め病院をかなり変更していたので、余計に困難でした。  同様にインターネットで手続きの代行を行ってくれる社会保険労務士の存在を知り、思い切って連絡を取りました。その時連絡したのが下出さんでした。当時実家で引きこもりになり、人と接するのが嫌になっていた私ですが、下出さんは障害年金の話などをていねいに話して下さり、私は「任せて大丈夫だ」という安堵感が持てました。  その後は、私は簡単な書類を書くなど、必要最小限度の事を行うだけで済み、困難な手続きは下出さんが行って下さいました。おかげで私は遡りの支給も受け取ることができました。  生きていくためには、病気から脱出しなければなりませんが、その一歩の手伝いをして頂いたと非常に感謝しております。